<< サルナシ キバナアキギリ >>

セトウチホトトギス

里山でセトウチホトトギスが咲き始めた。セトウチホトトギスは六甲山西部の標高300m以下のところの多い。名前の通り、瀬戸内海沿岸の固有種である。六甲山でよく見るヤマジノホトトギスとの違いは花柱に模様がある。ヤマジノホトトギスとは混在せず、住み分けている。
c0129047_224538.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-09-26 22:04 | | Comments(0)
<< サルナシ キバナアキギリ >>