<< 得体の知れないハギ ギンリョウソウモドキ >>

カゴノキ

カゴノキの花が例年よりやや遅く、開花した。カゴノキは六甲山南側では普通に見られる雌雄異株の常緑高木だが、花をつける株は少ない。花をつけた雄株に羽音が聞こえるぐらい多くの昆虫が蜜を吸いにやって来ていた。上の画像が雄株、下の画像が雌株である。
c0129047_20512854.jpg
c0129047_20513891.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-09-20 20:51 | 樹木 | Comments(0)
<< 得体の知れないハギ ギンリョウソウモドキ >>