<< ヤマクルマバナとクルマバナ イヌタヌキモ >>

アカショウマとチダケザシ

アカショウマとチダケザシが咲く時期となった。
両種の見分け方は難しい。
まずは生えているところが違う。 
アカショウマ(半日陰)、チダケザシ(湿地、水辺)
アカショウマは直立している個体は少ない。
チダケザシはやや直立ぎみ。
葉はアカショウマ(頂小葉の葉先が尾状)、チダケザシ(尾状にならない)
上から1番目、2番目の画像がアカショウ、3番目、4番目の画像がチダケザシだ
c0129047_2252173.jpg
c0129047_225311.jpg
c0129047_2254150.jpg
c0129047_2254930.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-07-22 22:05 | | Comments(1)
Commented by 秋の月 at 2012-07-23 10:05 x
紅葉谷を歩いていますとうだる蒸し暑い時期、爽やかなこの花に出合って、涼を感じていました。アカショウマ、チダケサシ、花の見分けに違いがあったのですね!疑問を解くキッカケは何時も花紀行さん!賢くなりました。

 “ 山路は 谷のせせらぎ 鳥の啼く 
           涼を求めて 花はな愛し ”

<< ヤマクルマバナとクルマバナ イヌタヌキモ >>