<< ノコンギクとヨメナ カジカエデの黄葉 >>

六甲山地のノジギク

六甲山地にはノジギクと断定できないキクをよく見かける。
姫路の海岸地帯に生えているノジギクとはどうも感じが違うようだ。
1番目の画像は姫路の海岸地帯産
2番目の画像は神戸市東灘区産
3番目の画像は神戸市長田区産
4番目の画像は神戸市北区鈴蘭台産
六甲山地のものはイエギクとの交配が進んでいるのかもしれない


c0129047_2302356.jpg
c0129047_2303416.jpg
c0129047_2304893.jpg
c0129047_2305824.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-11-23 22:57 | | Comments(1)
Commented by 秋の月 at 2012-11-24 19:35 x
野路菊は兵庫県の県花であることさえ忘れる程見分けのつきにくい菊となってしまいました。
丹波にはそれらしき(野路菊)花を時々見かけますが同定することの難しさ・・・花紀行さんでさえもですか?
私は保護をして咲かせることに疑問を感じています。
大自然の万物全てこの場合植物ですが・・・人間様の思う様には行かない・・・それらの「環境」が大事と思うようになりました。
<< ノコンギクとヨメナ カジカエデの黄葉 >>