<< アナグマ スズタケの花 >>

イシガケチョウ

夏のイベントに備えて、普通種のチョウを採集しているは、イシガケチョウが地面で吸水していた。
昔は当地にいなかった南方系のチョウで日本でも分布域が北上している。名前は翅の模様を石崖の模様に例えたためだ。翅を広げて、止まるのが特徴だ。食草はイチジクなどのクワ科の植物だが、当地ではイヌビワを食草にしていると思われる。
c0129047_5362027.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2016-05-30 05:36 | | Comments(0)
<< アナグマ スズタケの花 >>