<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キッコウハグマ

昨日、キッコウハグマの花を行った。キッコウハグマはどこにでも生えている草であるが、
開放花を咲かせる株は非常に少なく、ほとんどが閉鎖花である。
c0129047_7115686.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-27 23:37 | | Comments(0)

ツメレンゲ

今日、雨の合間にツメレンゲの自生地へ行った。 残念ながら2日ほど見ごろは過ぎていた。
花を咲かせたツメレンゲの株は結実後、枯れてしまう。今まで蓄えた養分を巨大な花茎を伸ばすために費やし、力尽きるのだろうか?
c0129047_2355045.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-26 23:05 | | Comments(0)

ムラサキセンブリ

今日 昨年見つけたムラサキセンブリの自生地へ行った。 先週も行って下見をしていたので予想通り満開であった。 数十株がムラサキセンブリがあり、おそらく六甲山では最大の群落だろう。満開のムラサキセンブリのそばで食べる弁当は最高の味だった。
c0129047_23241882.jpg
c0129047_23244069.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-25 23:24 | | Comments(0)

リンドウ

六甲山でリンドウが咲き始めた。
花のシーズンの終わりを告げる大振りの派手な花であるが、
この花が咲くと、何となく寂しい感じがする。
c0129047_7313100.jpg
c0129047_732638.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-20 07:03 | | Comments(0)

ウメバチソウ

今日 昨年見つけたウメバチソウの群落へ花を見に行った。
残念ながら、花の数は昨年の半分くらいになっていた。
群落の地主の方に黒豆をいただいて、自宅に帰って、ビールを
おいしくいただけたことのはラッキーだった。
c0129047_230363.jpg
c0129047_2304976.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-18 23:00 | | Comments(0)

ナメラダイモンジソウ

ジンジソウが予想に反して、開花していたので、今日の予定を急遽変更して、ナメラダイモンジソウの自生地に行った。やはりここも見ごろになっていた。昨年より2週間も早い。
c0129047_2239598.jpg
c0129047_22391695.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-13 22:39 | | Comments(0)

ジンジソウ

今日 裏六甲の沢にジンジソウの様子を見に行った。 少し早いかなと思って行ったが、予想に反して見ごろであった。今年の秋の花は総じて、開花が早いようである。
c0129047_22333630.jpg
c0129047_22334856.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-13 22:33 | | Comments(0)

ダイモンジソウ

今日 裏六甲の谷にダイモンジソウを見に行った。例年の数倍の花が咲いていた。
今年は大雨が少なく、水際に生えるダイモンジソウがダメージを受けなかったからだろうか?
c0129047_2385369.jpg
c0129047_2391497.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-12 23:09 | | Comments(0)

スイラン

今日 いつも湿原へ行ったら、スイランが見事に咲いていた。
花の大きさに比べ、茎が貧弱で、ひょろっとしているので風になびいて
撮影しづらい花である。
c0129047_23155570.jpg
c0129047_2318844.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-11 23:16 | | Comments(0)

アサギマダラ

この時期、六甲山ではヨシノアザミやヒヨドリバナで吸蜜するアサギマダラがよく見られるられる。六甲山では渡りの途中で立ち寄り、6月と10月に見られる。 千キロ以上も渡りをする蝶である。 翅が大きく、風にのって効率よく飛べる構造になっている。私事になるが、知人と共著で
『神戸・六甲山の蝶と食草ハンドブック(ほおずき書籍)』を来春出版する。
c0129047_733527.jpg
c0129047_735285.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2008-10-07 07:03 | | Comments(0)