<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アオジ、シメ

今日からそろそろ小鳥の撮影を始めた。
森林植物園は紅葉見物の人が多いので、鳥もあまり姿を見せなかったが、
アオジとシメが撮影できた。 サンニッパは重いので、3時間持ち歩くとかなり疲れる。
c0129047_20283084.jpg
c0129047_2028543.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-29 20:29 | 野鳥 | Comments(0)

ヤドリギ

ヤドリギのいい画像がないので、今日 ヤドリギを撮影しに行った。
有馬口に、コナラに寄生した大きなヤドリギがあったはずだが、
コナラごとなくなっていた。 仕方なく、有馬まで足を伸ばすと
温泉街のシダレヤナギにヤドリギが寄生していた。
500mm望遠レンズをつけて、フラッシュを焚いて撮影したが、
場所が場所だけに不審者に間違われないか冷や冷やだった。
c0129047_2229358.jpg
c0129047_22294881.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-28 22:29 | 樹木 | Comments(0)

アイノコフユイチゴ?(続編)

先日はあまり詳しく見なかったので、今日再度、現地へ行って詳しく調べた。
アイノコフユイチゴ?の枝(上から1枚目)、アイノコフユイチゴ?のガク(上から2枚目)
枝に刺がある。ガクの毛は少ない。
フユイチゴの枝(上から3枚目)、フユイチゴのガク(上から4枚目)
枝には毛が多く、刺がない。 ガクは有毛。
花を見ないとわからないが、やはりアイノコフユイチゴだろう。
c0129047_23275554.jpg
c0129047_2328866.jpg
c0129047_23282212.jpg
c0129047_23283762.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-25 23:29 | 樹木 | Comments(0)

アイノコフユイチゴ?

丹生山のフユイチゴ(画像上)は六甲山のフユイチゴと少し感じが違い、葉先がとがっている。
フユイチゴ(画像下)とミヤマフユイチゴと雑種のアイノコフユチイチゴという種類だろうか?
c0129047_23134069.jpg
c0129047_23135829.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-23 23:14 | 樹木 | Comments(0)

ムクロジ

今日 ムクロジを探しに行ったら樹高15m以上の大木があった。
距離が遠く、500mmの望遠でやっと撮影できた。
果実はサポニンを多く含み、石鹸になる。試しに、果皮を口に含むと
センブリよりに苦かった。 昔、この種子を羽根突きに玉にしたそうだが、
納得できる。
c0129047_22312723.jpg
c0129047_2231382.jpg
c0129047_22315123.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-21 22:31 | 樹木 | Comments(0)

ムラサキシキブ

六甲山上はほとんどの落葉樹が葉を落とし、冬の佇まいになってきた。
その中でムラサキシブの実はよく目立つ。この実も不味いのか、鳥が食べているのを見たことがない。
やはり赤い実のほうがおいしそうに見える。
c0129047_23455375.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-15 23:45 | 樹木 | Comments(0)

ケカマツカ

今年はどのカマツカも実をたくさんつけている。
特に六甲最高峰付近に生えているケカマツカは木全体が赤くなるほど実をつけている。
実は甘くて食べられるが、なぜか鳥がカマツカの実を食べているのを見たことがない。
c0129047_239178.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-08 23:08 | 樹木 | Comments(0)

ヤブムラサキ

昨日 菊水山でたくさん実をつけたヤブムラサキを見つけた。
ヤブムラサキはムラサキシキブより実の付き方が少ないが、
このヤブムラサキはムラサキシキブ負けないほど実をつけていた。
c0129047_6431127.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-04 06:43 | 果実 | Comments(0)

シマカンギク

昨日、シマカンギクの大株を見つけた。 崖に多くの花を垂れ下げ、壮観だ。
シマカンギクは表六甲のごく限られて地域でしか見れない。
六甲山に限定して言えば、貴重種だ。
c0129047_23273093.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2009-11-01 23:27 | | Comments(0)