<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヤツデ

六甲山で最後に咲く花であるヤツデが咲き始めた。
ヤツデの花にはたくさんのハエがたかっている。
他の昆虫が活発に活動しない時期だからハエが寄っているのか、
ハエの好きな匂いを発するからだろうか?
そういえば、ナンテンの花にハエがよく寄ってくる。
c0129047_22564183.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-28 22:56 | 樹木 | Comments(1)

鳥の撮影を開始しました。

花も紅葉も終わりなったので鳥の撮影を開始した。
まだ人出の少ない早い時間帯に森林植物園へ行ったが、
めぼしい鳥は姿をほとんど姿を見せず、ジョウビタキの雄だけが付き合ってくれた。
c0129047_23163936.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-27 23:16 | 野鳥 | Comments(0)

コシアブラの黄葉

コシアブラが黄葉した。 このように透明感のある淡黄色に黄葉するのがコシアブラの特徴だ。
コシアブラの黄葉は逆光で撮ると絵になる。
c0129047_2249391.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-23 22:49 | 樹木 | Comments(1)

ヒメユズリハの実

今日 小部峠から森林植物園にかけて、車が渋滞し、その影響で六甲山に行けなかったので
急遽 予定を変更して、ヒメユズリハの実を撮影するために須磨浦公園へ行った。
例年より実の付き方が少ないようだ。 お正月に飾られるユズリハは葉がダラッとしているが、
ヒネユズリハは葉をやや斜上する。 実は美味しそうだが、食べられると書いてある本を見たことがない。
c0129047_2345569.jpg
 
c0129047_23598.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-21 23:05 | 樹木 | Comments(0)

今年の紅葉

今年の紅葉は見事だ。 猛暑のせいで葉が痛んでいたので、
紅葉はダメかなと素人の予想していたのだが・・・
夏の猛暑と秋の気温(平年並み)の差が大きかったからだろうか
上の画像がウリハダカエデ、下の画像がオオモミジだ。
c0129047_23211210.jpg
c0129047_23212735.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-20 23:21 | 樹木 | Comments(0)

Nikonの105mmマクロレンズ

昨日 大阪のYカメラでNikonの105mmマクロレンズが
10%ポイント付きで75300円で売っていたので
衝動買いしてしまった。 現在使用中のTAMRONの90mm
マクロのピント調整が遅いので買い替えようと思っていた。
試し撮りはなかなかのできだが、難点はTAMRONの90mm
に比べ、300g以上重い。 年々持ち運び装備が重くなるのは辛い。
c0129047_23235550.jpg

c0129047_2324930.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-18 23:24 | カメラ/パソコン | Comments(0)

メギの実

メギが真っ赤な実をつけていた。メギは谷筋などやや湿った場所に生える落葉低木だ。
六甲山では北側の谷筋でまたに見かけるが、数は多くない。
枝に鋭い刺(下画像)があるので別名『コトリトマラズ(小鳥止まらず)』とも言われる。
c0129047_23173195.jpg

c0129047_23174531.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-14 23:17 | 樹木 | Comments(0)

オオウラジロノキ酒

果実酒で一番美味しいのはオオウラジロノキだと知人から教えていただいたので
早速 オオウラジロノキの実を拾ってきて、作ってみた。
春頃にはできるので、灘浜サイエンススクエアの自然教室で参加者の皆様と飲んでみたいと思う。
c0129047_2364062.jpg
c0129047_236541.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-12 23:06 | 樹木 | Comments(0)

ヤマラッキョウ

ため池の土手にヤマラッキョウが鮮やかに咲いていた。
ヤマラッキョウはネギ属の植物でネギのような香りがし、
名の通り、ラッキョウのような鱗茎を作る。
c0129047_21522322.jpg

c0129047_21524359.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2010-11-03 21:53 | | Comments(0)