<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アマギコアジサイ

今日 裏六甲の谷筋でアマギコアジサイが咲いていた。
アマギコアジサイはコガクウツギとコアジサイの自然交配種だ。
両種が生えている場所で見つけることができる。
六甲山では両性花ばかりのアマギコアジサイだ。
今までに装飾花のついたアマギコアジサイを見たことが無い。
葉は両種の中間型が多い。
c0129047_2317387.jpg
c0129047_23175032.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-05-27 23:17 | 樹木 | Comments(0)

ニガナ&ハナニガナ

ニガナは花弁が5枚で、6枚以上あるニガナをハナニガナと呼んでいるが、
今日 ニガナとハナニガナが隣同士で生えているのを見つけた。
花弁が5枚の方がバランスが取れて美しいように思える。
c0129047_2282093.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-05-20 22:08 | | Comments(0)

イブキシモツケ

イブキシモツケはバラ科の落葉低木だが、花崗岩質土壌には生えず、流紋岩質土壌に生える。
道場~武田尾で見られるが、六甲山周辺では見られない。
今日、有馬周辺でイブキシモツケの群落を見つけた。今まで見たイブキシモツケの中では一番大きい木だった。
c0129047_21412780.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-05-13 21:42 | 樹木 | Comments(0)

ツクバキンモンソウ

先日 六甲山で異様に花茎が伸びたツクバキンモンソウを見た。
この仲間で花茎が伸びたものにジュウニヒトエ(十二単)があるが、
私も六甲山で一度しか見たことがない。
ツクバキンモンソウの類似種にニシキゴロモがある。
ツクバキンモンソウ(中)は花弁上唇がほとんどないが、
ニシキゴロモは花弁上唇が2~3mmある。
ニシキゴロモは六甲山ではほとんど見つかっていないが、
昨日 ツクバキンモンソウの昔の画像を調べらたら、
ニシゴロモ(下)があった。
c0129047_626290.jpg

c0129047_6292995.jpg
c0129047_6294265.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-05-12 23:30 | | Comments(1)

ヒナスミレ

ヒナスミレが六甲山上にかなりの数が生えていることが判明した。
今までシハイスミレだと決め込んで、よく観察していなかった。
半日陰の場所ではヒナスミレが多いようだ。
c0129047_23111455.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-05-04 23:11 | | Comments(0)