<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オオヒキヨモギ

日当りのいい里山の林縁にオオヒキヨモギが生えていた。
ヨモギと名前がついているが、ヨモギ(キク科)ではなく、
ゴマノハグサ科だ。また緑色の葉があるが、他の植物から栄養分を
横取りしている半寄生植物だ。
c0129047_6324528.jpg
c0129047_6325622.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-25 23:32 | | Comments(0)

シンテッポウユリ

当地では数年前までタカサゴユリがたくさん生えていたが、現在ではシンテッポウユリが進出し、
タカサゴユリが一掃された。シンテッポウユリはタカサゴユリとテッポウユリの雑種と
言われている。タカサゴユリは花被の裏面に赤褐色の筋が入ったが、
シンテッポウユリに赤褐色の筋がなく花被が純白だ。
c0129047_22224227.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-22 22:22 | | Comments(0)

ニガクサとツルニガクサ

9月2日に灘浜サイエンススクエアで『タデ科・シソ科植物』の講演を実施するため
シソ科の植物を再勉強中だ。
ニガクサとツルニガクサが区別が何となく理解できた。
ニガクサ(画像上から1番目、2番目)は萼片に短毛があり、萼片が尖る。田園地帯の雑木林の林縁に多い。
ツルニガクサ(画像上から3番目、4番目)は萼片に顕著な腺毛があり、萼片が尖らない。
また山野の林縁に多い。
c0129047_22391783.jpg
c0129047_22393236.jpg
c0129047_22395015.jpg
c0129047_2240199.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-19 22:40 | | Comments(1)

今年も咲いてくれたサギソウ

今日 自宅から一番近いサギソウの自生地へ行ったら、
きれいに咲いていた。昨年より株がやや少なくなっていたが、
一安心だ。 いつまでもこの地で咲いてほしいものだ。
c0129047_23214575.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-15 23:22 | | Comments(1)

ショウジョウバカマの無性生殖

ショウジョウバカマはやや湿った林床や林縁に自生し、
サクラが咲く頃にきれいな淡紅色の花を咲かせるユリ科の多年草だ。(画像下)
葉先から新株を出して、無性生殖すると
図鑑には書いてあるが、今まで見たことがなかった。
今日 通りがかったショウジョウバカマの群落で丹念に調べてみると
1株だけ葉先から新株をだしているものがあった。(画像上)
ショウジョウバカマは有性生殖でも繁殖力が強いので、
無性生殖をしなくても十分と思うが・・・・
c0129047_8311568.jpg
c0129047_8312469.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-13 23:53 | | Comments(0)

ノシラン

知人にノシランの場所を教えてもらったので現地へ行ってきた。
丁度、開花し始めていた。
ノシランは常緑樹林内に生えるユリの多年草だ。
火熨斗(アイロン)をかけたように葉や茎が平べったいので名がついた。
神戸市のレッドデータのCランクとなっている。
c0129047_2312063.jpg
c0129047_2313138.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-12 23:01 | | Comments(0)

トモエソウ

知人からトモエソウの情報をいただいたので先週、昨日と2回現地へ行った。
トモエソウはオトギリソウの仲間だが、花の大きさはオトギリソウの3倍以上あり、
見応えがある。オトギリソウは花弁の裏に名前の由来になった血の跡(油点)があるが、
トモエソウには花弁の裏に油点がない。(下画像)
トモエソウを見たのは初めてだが、神戸市のレッドデータ種になっていないのは
不思議だ。
c0129047_2213910.jpg
c0129047_22132877.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-06 22:13 | | Comments(0)

キキョウ オミナエシ

いつも行っているため池の土手にキキョウとオミナエシが咲いていた。
8日は立秋。もう季節は秋だ。
c0129047_23152345.jpg
c0129047_23153595.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-05 23:16 | | Comments(0)

キキョウ オミナエシ

いつも行っているため池の土手にキキョウとオミナエシが咲いていた。
8日は立秋。もう季節は秋だ。
c0129047_23152345.jpg
c0129047_23153595.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2012-08-05 23:16 | | Comments(0)