<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ネナシカズラ

今日 ネナシカズラに6年ぶりに出会った。ネナシカズラはヒルガオ科のつる性草本だ。葉緑素をもたず、他の植物に絡みつき、寄生根を出し、宿主から養分を吸い取っている。自分の力で生きていけないので種子から発芽した場所に適当な宿主がいなければ、死んでしまう運命もはなかいものだ。 人間の世界も同じだが、自分の力で頑張ることが大切だ。
c0129047_2252526.jpg
c0129047_2253597.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-28 22:54 | | Comments(0)

アカバナ

今日 久しぶりにアカバナに出会えた。 アカバナは池のほとりや湿地に生えるアカバナ科の多年草だ。1カ月前にも行った場所で見つかったが、1カ月前には分らなかった。 名前の由来は赤い花が咲くからアカバナではなく、秋に葉が紅葉することによる。
c0129047_2210175.jpg
 
c0129047_22101547.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-23 22:10 | | Comments(0)

キツネノマゴの白花

今日 キツネノマゴの白花を見た。 キツネノマゴは道端に生えるキツネノマゴ科の1年草だ。
どこでも見られる草だが、白花の見たのは初めてだ。通常の淡いピンク色もええが、
白花も清楚でなかなかきれいだ。
c0129047_2245492.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-16 22:46 | | Comments(0)

アブノメ

先日 知人にアブノメの情報をいただき、現地へ行った。
アブノメはゴマノハグサ科の湿原植物で、兵庫県ではCランク、
神戸市ではBランクの貴重種だ。
きれいな水を引き込んでいる水田には生えていた。この水田にはホシクサもたくさん生えている。
稲刈り直後だったのできれいな株が減っていたが、稲がないので撮影はしやすかった。
ゴマノハグサ科には珍しく、多肉質の茎と葉を持っている。
名前の由来は果実がアブの目に似ているからと言うが、
どう見ても似ていない。
c0129047_10143875.jpg
c0129047_10145215.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-15 10:14 | | Comments(0)

オミナエシ

夏に訪れた感じのいい棚田に、今日再度行ってみた。夏はキキョウがたくさん生えていたが、
今日はオミナエシがたくさん生えていた。自然環境でこのようにたくさんオミナエシが生えているのを
今まで見たことがない。 いつまでもこのような自然環境に富んだ棚田が残ってほしいものだ。
c0129047_22102067.jpg
c0129047_22102938.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-08 22:09 | | Comments(0)

神戸ゴルフ倶楽部の草原性植物

昨日 神戸市環境局主催の神戸ゴルフ倶楽部の草原性植物の観察会があり、
自然観察ガイドとして参加した。 神戸ゴルフ倶楽部は六甲山上にあり、
開設されて110年以上なる日本最古のゴルフ場だ。 このゴルフ場は除草剤を
使用せず、昔の六甲山の植生がそのまま残り、貴重な草原植物が多く残っている。
このようなすばらしい植生を残していただいているゴルフ場の関係者の方々に
感謝したい。マツムシソウ(上)は兵庫県では2箇所ほどしか残っていない。
またオミナエシ(下)も他では見る機会が少ない。
c0129047_2239227.jpg
c0129047_22392692.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2013-09-04 22:39 | | Comments(1)