アサギマダラの渡り

アサギマダラは日本列島を南北に渡りをするチョウだ。六甲山では5~6月と9~10月に通過する。
今年は天候不順なのでどうなるかと心配していたが、昨昨日に多くのアサギマダラの渡りを確認した。
アサギマダラは全国規模で追跡調査が行われており、そのためにマーキングされて放蝶されたものが
いるが、20匹ほどと捕まえてマーキング(写真下)したが、すでにマーキングされているものはいなかった。
c0129047_22591067.jpg
c0129047_2259201.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-10-02 22:59 | 昆虫 | Comments(0)

今年のヒガンバナは変だ

例年ヒガンバナは9月20日前後に一斉開花するが、今年は9月15日頃から咲きはじめ、
今週末も満開のところが多かった。まだ花茎を伸ばし始めた株も多い。
このようにダラダラサくヒガンバナは今まで見たことがない。
今年の花の世界はなぜか変なことが多い。
c0129047_22401811.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-09-25 22:40 | | Comments(0)

シロバナコナギ

昨日 カルチャーセンターの教室の下見で棚田を歩いていたら、稲刈り真近の田んぼの中に白花を見つけた。
よく見るとシロバナコナギだった。シロバナコナギはコナギの白花種で稀な植物だ。
コナギの花の青色(写真下)もきれいだが、シロバナコナギのほうが清楚できれいだ。
c0129047_21592920.jpg

c0129047_21594420.jpg
c0129047_21595365.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-09-17 21:59 | | Comments(0)

カワラケツメイ

知人からカワラケツメイが群生していると聞いたので、昨日、早速現地へ行った。おびただしい数のカワラケツメイがため池の土手に群生していた。(写真上)しかし、小生のお目当てはカワラケツメイでなく、カワラケツメイを食草とするツマグロキチョウだった。キタキチョウと混生したが、ツマグロキチョウが確認できた。
ツマグロキチョウとキタキチョウはよく似ているが、ツマグロキチョウの前翅の先端が尖っている。(写真下)
最近、カワラケツメイの似た外来種のアレチケツメイが増えているようだが蜜腺が小葉の付け根にあるのでカワラケツメイだった。(写真中)
c0129047_72803.jpg
c0129047_7282339.jpg
c0129047_7333533.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-09-10 07:18 | | Comments(0)

ゴイシシジミ

先日 初めてゴイシシジミに出会った。 はじめはルリシジミかヤマトシジミかなと思っていたが、チョウの詳しい知人がゴイシシジミかもしれないというので止まるのを待っていたらはやりゴイシシジミだった。
ゴイシシジミは幼虫がタケやササにつくアブラムシを食べる肉食のチョウだ。 一生見ることがないと思っていたチョウと出会えて満足な一日だった。
c0129047_21224687.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-09-10 05:44 | | Comments(0)