マルバノホロシ

いつもよく行く場所にマルバノホロシがあった。
数年以上気がつかなかったのが不思議だ。ヤマホロシはよく見かけるが、マルバノホロシは初見だ。
マルバノホロシはヤマホロシとよく似ているが、花弁基部が緑色、葉は不分裂葉でヤマホロシのように分裂葉が混じらない。
c0129047_2325198.jpg
c0129047_2325860.jpg
c0129047_233740.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-08-15 23:03 | | Comments(0)

オオフユイチゴ?

知人が見つけたオオフユイチゴ?を知人と一緒に見に行った。フユイチゴは兵庫県内では淡路島のみで確認されている。確かにフユイチゴと葉はよく似ているが、ネザサの上を蔓が匍匐し、2m以上の伸びている。
知人が標本を採って、専門家へ種同定を依頼したのでその結果待ちだ。
c0129047_6374430.jpg
c0129047_6375426.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-08-14 06:37 | 樹木 | Comments(0)

タマムシ

今年はタマヌシをよく見かける。幼虫はエノキの幹を食べるので成虫もエノキの近くで見られることが多い。
体の光沢色は鳥を寄せ付けない効果がありようだ。
c0129047_2334232.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-07-31 23:03 | 昆虫 | Comments(0)

トンボの撮影

ブログの投稿がおろそかになり、すみません。
草花ハンドブックの出版が終わったので植物の撮影は一区切りつけて、
昆虫の撮影に注力しようと思っている。
トンボの撮影は難しいので、捕虫網でトンボを捕まえて、それを透明のOPP袋に
入れて撮影するときれいに撮影できることが分かった。撮影が終わりまで90%確率でトンボも生存できる。
画像はルリボシヤンマ。
今後は小生のホームページ神戸・六甲山系の森林
http://www.rokkosan-shizen.jp/
にトンボのページを作る予定だ。
c0129047_8465021.jpg
c0129047_8471457.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-07-26 08:50 | Comments(0)

タシロラン

タシロランが3年前に見たときより3倍ぐらい大きくなって、草丈が40cm以上になっていた。
地下になる根茎が大きくなっているものと思われる。しかし株の数は少し減っているのが残念だ。
c0129047_22543469.jpg
c0129047_22544772.jpg

[PR]
# by rokkosan-shizen | 2016-07-04 22:54 | | Comments(0)