<< シックなデザインの蛾 ジョロウグモ >>

スズタケの実生

六甲山では2年前に谷筋などに生えるスズタケが一斉開花し、すべて枯れ死したが、
その時できた種子が発芽し、実生の若い株が出始めた。
元のスズタケの群落に復活するのには10年以上かかると思われるが、興味深く見守りたい。
c0129047_07110921.jpg

c0129047_07112733.jpg





[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-07 07:11 | その他植物 | Comments(0)
<< シックなデザインの蛾 ジョロウグモ >>