<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジョウビタキ

冬鳥のジョウビタキが北から渡ってきた。捕まえたヤブキリを美味しそうにくわえていた。
キビタキやオオルリなどの夏鳥もまだ残留しているが、鳥の世界も冬に向かっている。
c0129047_21585300.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-26 21:59 | 野鳥 | Comments(0)

シラキの紅葉

六甲山でシラキが紅葉し始めた。シラキは六甲山では一番早く紅葉する樹木だ。
イロハモミジなどは台風や高温の影響で葉がかなり痛んでいるので今年の紅葉は
イマイチかもしれない。
c0129047_23243200.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-24 23:24 | 樹木 | Comments(0)

空中を這うトキリマメ

昨日はしあわせの村でカルチャーセンターの自然観察セミナーだった。そこでクモの糸で支えられ、空中を這っているトキリマメを発見。通常、トキリマメは林縁の藪で他の植物に絡みついては生えていて、
なかなか目立たない。空中を這っているトキリマメに出会えたのは幸運だ。
c0129047_07061610.jpg




[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-24 07:09 | | Comments(0)

大阪府岩湧山

今日 大阪府の岩湧山へ行ってきた。山頂付近には六甲山ではなくなった広大なススキ原が広がり、リンドウ、センブリ、アキノキリンソウなど秋の草原の花が花盛りだった。残念ながら期待していた六甲山の遠望は霞がかかり、イマイチだった。

c0129047_22053394.jpg
c0129047_22055077.jpg


[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-16 22:06 | 登山 | Comments(0)

シックなデザインの蛾

今日 近くの山でシックなデザインのガを見つけた。
自宅に帰って図鑑で調べるとウスキツバメエダシャクだった。
普通に見られるガのようだが、小生は初見だ。
ガの世界も面白い。

c0129047_23012174.jpg

[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-08 23:01 | 昆虫 | Comments(0)

スズタケの実生

六甲山では2年前に谷筋などに生えるスズタケが一斉開花し、すべて枯れ死したが、
その時できた種子が発芽し、実生の若い株が出始めた。
元のスズタケの群落に復活するのには10年以上かかると思われるが、興味深く見守りたい。
c0129047_07110921.jpg

c0129047_07112733.jpg





[PR]
by rokkosan-shizen | 2018-10-07 07:11 | その他植物 | Comments(0)